ABOUT F PASSION
FPASSION会社概要

 
事業展開

2フットサル施設の企画設立・施工・運営マネジメント
 施設開業時よりサポートしたフットサル施設
ミズノフットサルプラザ二子玉川/1995年10月〜
フットサル・アービル/1996年10月〜
OISOプリンスホテル・フットサルコート/1998年7月〜

 エフパッションの目指すフットサル施設づくり
単なるミニサッカー場、フットサルコートとしてだけでなく、そこに集まる人たちのコミュニケーションスペースとしての機能を持った施設を創るのが目標です。「プレーする、観る、飲む、食べる、遊ぶ、学ぶ、集う」を満たした「サッカー好きの」人たちが年代、性別を越えて楽しめる場所を提供する事が我々の使命と思っています。

 優れたハードと良質なソフト
ハード=フットサルピッチ/人工芝の良し悪し
ソフト=クラブイベントの充実
それだけでは、このビジネスは成り立ちません。ハードについては、クラブハウスおよびその付帯設備、駐車場、ピッチ周りの設備、ピッチのメンテナンス、クラブハウスのメンテナンスなどの事項も当然含まれます。開業時にはなかなかその後のイベントでの使い勝手や、スクール実施時の使い回しについて想像が出来ません。当社では、数多くの会場でのイベント経験を通じて、どの様なパターンでも、その後の利用方法を見越したハードプランがご用意できます。そしてそこで行われるイベントを中心とした運営ソフト、借りる立場として多くの施設と接してきた経験から、貸し出す側がどの様な対応をすると、借りる側はやりやすいのか?参加者、利用者はいつもどの様なことを考えているのか?ソフトはパターン化された物もあれば、各状況に応じて全く違う反応を受ける場合もあります。結果が予想されるソフトもその結果が違ったとき、どの様に対応することが出来るかが重要です。1面でのイベント運営から4面でのイベント運営まで様々な経験が当社には蓄積されています。

 フットサル・施設経営を、お考えの皆様へ
私どもエフパッションでは

●さまざまなご要望に応じた施設ビジネスコンサルティングを行います。
●ご希望により、施設設計プランのみでも、開業後の運営プランまででも作成いたします。
●また、実際の施設運営についても実務請負いたします



TOP!    BACK!